心疾患の症状が特にない人に、毎年定期的に心電図検査をする。内科の外来ではごく一般的に思えるが、米国家庭医療学会(AAFP)はグレードD、すなわち「行わないよう推奨する」との判断を下している。

無症候で低リスクの患者には心電図スクリーニングを行うなの画像

ログインして全文を読む