米国アレルギー・喘息・免疫学会(AAAAI)は「IgE抗体陽性という所見は血中のIgE抗体の存在を示すだけで、アレルギーの臨床症状を意味しない。IgE抗体検査は個々の病歴に基づいて行うべきだ」として、根拠のない一連の特異的IgE抗体検査(RAST)の実施を戒める。

アレルギー評価のために根拠ない一連のIgE検査は不要の画像

ログインして全文を読む