妊娠糖尿病の診断基準が、世界共通の基準に合わせて改訂された。周産期合併症のハイリスク症例を指す「妊娠時に診断された明らかな糖尿病」という疾患が妊娠糖尿病とは区別して設けられ、早期発見が予後向上のカギを握る。

妊娠糖尿病に新診断基準、周産期合併症予防を重視の画像

ログインして全文を読む