東北大学病院糖尿病代謝科が中心となったボランティアチームは、東日本大震災後、週に2〜3回、糖尿病巡回診療を行った。医療支援がない発生早期に患者自身がどう対処すべきか、普段から教育しておく内容や、医療支援時の服薬指導のポイントなどについてまとめた。

震災後の糖尿病巡回診療、平時の患者教育が肝心の画像

ログインして全文を読む