少量の血液ですぐに血糖値を測定できる血糖自己測定(SMBG)を用いることで、血糖コントロール不良の原因を探りやすくなったため、食事や治療内容を見直すことが以前よりも容易になった。治療の選択肢が増加した現在、SMBGは血糖管理ツールとして有用性が増している。

血糖管理ツールとして有用なSMBGの画像

ログインして全文を読む