わが国で考案あるいは創製された治療技術は枚挙にいとまがないが、国内で有用性のエビデンスが蓄積され、世界にまで広がった治療法は多くない。そんな中、「マクロライド療法」「体幹部定位放射線治療」「経口フッ化ピリミジン系抗癌剤」は日本から世界に飛び立ち、その効果が海外でも認められた。これら3つの治療法について、開発の歴史やこれまでに分かった知見を紹介するとともに、将来を展望する。

【マクロライド療法】海外でも抗炎症療法として確立の画像

ログインして全文を読む