経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)の日本初の臨床試験では、デバイス留置成功率が9割を超え、術後の大動脈弁面積は有意に増加したことが明らかになった。TAVIは、大動脈弁置換術の実施が難しいハイリスクな大動脈弁狭窄症の新たな治療選択肢となりそうだ。

TAVIは手術困難な大動脈弁狭窄症に有望の画像

ログインして全文を読む