1997年に時計遺伝子が哺乳類でクローニングされて以来、体内時計の研究は大きく進み、虚血性心疾患などの発症と体内時計の変調との関連が明らかになりつつある。一方、概日リズムを考慮して投薬を行う「時間治療」も実施され、服用時刻の重要性が注目されている。

体内時計の変調と疾患の関連、時間治療に注目の画像

ログインして全文を読む