消化管外科手術の多くが腹腔鏡下で行われるようになり、より低侵襲で根治率が高く、安全な術式を目指した研究やデバイス開発が進められている。今回は、高精細スコープによる機能温存への貢献の可能性を紹介する。

高精細スコープは機能温存率を向上の画像

ログインして全文を読む