わが国では、治癒切除された進行胃癌に対しては、S−1による術後補助化学療法が標準治療とされ、切除不能・再発胃癌に対する1次化学療法は、S−1とシスプラチン併用療法が標準治療として確立されているが、2次治療に注目が集まっている。

【診療アップデート】 胃癌化学療法の現状の画像

ログインして全文を読む