東京都内の眼科診療所で、レーシック手術を受けた多数の患者が角膜感染症を発症した。元院長は禁錮2年に処され、日本眼科学会は事件を受けてガイドラインを改訂、感染防止の項目を充実させた。

【ケース2:銀座眼科事件】レーシックで集団感染の画像

ログインして全文を読む