阪大の審良静男教授とともに、自然免疫系の異物認識機構を解明。独立後は腸管での免疫異常を追究し、炎症性腸疾患(IBD)や難治感染症の病態解明、治療法開発を目指す。

腸管免疫の謎を解き、炎症性腸疾患を根治に導きたいの画像

ログインして全文を読む