国家財政が悪化の一途をたどる中、社会保障制度の持続を主眼に、経済学の視点から費用負担の見直し策を打ち出す。その明快さに、各省庁や政党の注目が集まる。

日銀を辞めて研究畑に飛び込む、経済学から社会保障を分析の画像

ログインして全文を読む