医療の現場で感じた矛盾を解消すべく、卒後3年で外科医から行政官に転身。過去3度の診療報酬改定に携わり、超高齢社会を乗り切るための医療システムづくりに奔走する。

外科医から行政官に転身、あるべき医療の姿を追求の画像

ログインして全文を読む