焦点となったのは、急性期から慢性期までの病床機能の明確化。各種病床について本来受け入れるべき患者の状態像を整理した。退院患者の受け皿機能を評価する仕組みが導入されたのも特徴だ。

ココが変わった! 新・診療報酬【入院】の画像

ログインして全文を読む