新規作用機序を持つ新薬や間欠投与で済む新剤形が相次いで登場し、選択肢が増えた骨粗鬆症治療。それぞれの薬剤の特徴やエビデンス、骨折リスクに応じた薬剤の使い分けについて解説する。

骨粗鬆症の重症例にはテリパラチドの画像

ログインして全文を読む