心房細動患者に抗凝固療法を実施する前には、出血性合併症のリスク評価が欠かせない。日本のガイドラインにはCHADS2スコア以外に、女性や冠動脈疾患といったリスク因子も盛り込まれており、多様な患者でリスク評価が行える。

【リスク評価】投与患者の適切な選択がカギの画像

ログインして全文を読む