ピッツバーグ大家庭医療講座の研修プログラムは、1969年に開始され、全米で最も古い歴史を持つプログラムの1つだ。同プログラムには、歴代15人の日本人レジデントが学び、現在も5人(うち1人はフェロー)の日本人が在籍している。

地域の実情に沿うのが家庭医、米国式を直輸入するつもりはないの画像

ログインして全文を読む