「家庭医」や「総合医」を踏まえた医療提供体制の再編に向けた動きが活発化してきた。現在検討されている新たな専門医制度の中で、家庭医療や総合診療が専門領域として認められる見通しだ。家庭医養成に対しても、国や関連学会、日本医師会を交えた議論が進む。

どうなる家庭医の位置付け(1) 制度化に向け議論本格化の画像

ログインして全文を読む