呼吸器内科医のキャリアを捨て、家庭医の世界に飛び込んだ小宮山学。医療ニーズ全体を把握するスキルを身に付け、湘南真田クリニック診療所の院長に就任。患者が抱える様々な問題をクリアしていく過程に、医師としての意義と喜びを感じている。

患者の「問題」を解くのが面白いの画像

ログインして全文を読む