2011年8月31日現在の日本臓器移植ネットワークの登録者数は心臓が190人、肝臓が372人、腎臓が1万2072人など、かなりの人数に上る。08年までの移植件数は、心臓では海外渡航移植が多く、肝臓と腎臓では生体移植が中心となっている。

グラフで見る日本の臓器移植●生体移植中心でまだ発展途上の画像

ログインして全文を読む