2010年7月、「臓器の移植に関する法律」(臓器移植法)の改正法が施行された。これにより、脳死下臓器移植が本格始動した。一方で臓器提供件数の急増に伴い、提供体制、移植体制双方の課題も浮き彫りになってきた。期待と不安に揺れる移植医療の現場を追った。

法改正後、臓器提供急増するも遅れる体制整備の画像

ログインして全文を読む