非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)服用者が消化管出血を来すケースが後を絶たない。高齢化に伴い低用量アスピリン(LDA)服用者はますます増える。リスクの高い患者に対する予防策の実施が急務だ。

NSAIDs潰瘍はリスクに応じた予防策を、小腸病変も問題にの画像

ログインして全文を読む