金属アレルギーによる接触皮膚炎で、アレルゲンとして広く知られているのは、ニッケル、クロム、コバルトだ。しかし、これだけでなく「チタン製」と表記されているものでも、感作を起こし、症状が現れる場合があるため、注意を払わなければならないという。

“チタン製”フレームで発症の謎の画像

ログインして全文を読む