2011年7月16日、17日に甲府市で開催された日本皮膚アレルギー接触皮膚炎学会で、第一クリニック皮膚科・アレルギー科(名古屋市中区)スキンサイエンスセンター長の杉浦真理子氏は、楽器による接触皮膚炎を2例報告した。トロンボーンとトランペットが原因で接触皮膚炎を発症した、いずれも10歳女児の症例だ。

楽器の練習で口唇が…銀や銅でも感作は成立の画像

ログインして全文を読む