今年5月の第54回日本糖尿病学会で行われたディベートセッション6テーマから、3テーマについて再現し、紹介する。第1回は、「利尿薬 vs. Ca拮抗薬」。アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)を使っても降圧が不十分だった場合、次の選択肢は何を選ぶべきか。「利尿薬」を今井圓裕氏(名大)、「Ca拮抗薬」を長谷部直幸氏(旭川医大)が担当し、ディベートを展開した。

利尿薬 vs. Ca拮抗薬の画像

ログインして全文を読む