糖尿病網膜症は失明原因の第2位を占める。硝子体手術や光凝固法が標準的な治療法になっているが、最近になって、血管内皮増殖因子(VEGF)阻害薬が登場、新たな治療の選択肢として注目されつつある。

【糖尿病網膜症】血管新生阻害薬が新たな選択肢にの画像

ログインして全文を読む