ゲフィチニブ(商品名イレッサ)により薬剤性肺障害が社会問題化し、「医薬品には副作用がつきものである」という当たり前の事実が再認識された。一方で残された課題も多い。あれから9年、ゲフィチニブが医療に与えたインパクトを検証する。

社会問題化したイレッサの副作用の画像

ログインして全文を読む