骨粗鬆症治療の中心として使われているビスホスホネート(BP)製剤。しかし既存のBP製剤には、骨への蓄積性や服用時の煩雑さなど弱点もあった。近年、BP製剤の弱点を補う新たな治療薬が続々と出てきたことで、骨粗鬆症の治療に変化が生じている。

既存薬の弱点補う新薬が骨粗鬆症で続々登場の画像

ログインして全文を読む