東日本大震災では、高齢者への医療・介護提供体制の不備が浮き彫りになった。各被災地が体制を立て直す上で今後どんな取り組みが必要か─。厚生官僚時代から在宅医療・介護の普及に取り組んできた東大高齢社会総合研究機構教授の辻哲夫氏に聞いた。

仮設住宅の整備段階から、高齢者が安住できる町づくりをの画像

ログインして全文を読む