ヒトゲノム研究の急速な進歩により、疾患研究の手法が日々進化している。アレルギー疾患の病態解明にも、ゲノムワイド関連解析や大規模遺伝子発現解析などの新手法が応用されている。こうした新たな手法を用いた研究成果を紹介する。

SNPで小児喘息関連遺伝子を同定の画像

ログインして全文を読む