ドライアイは、潜在患者数が非常に多いにもかかわらず、診断基準が固まったのは数年前。強い自覚症状があるにもかかわらず、眼表面を観察しても大きな異常が見当たらないタイプもあり、拾い上げられていないケースもあるようだ。

注目集まる「新型ドライアイ」の画像

ログインして全文を読む