横浜市立みなと赤十字病院耳鼻咽喉科の「めまいリハビリテーション」には、他院からの紹介や口コミなどで日本全国から難治性のめまい患者が集まる。ただし、リハビリを指導するのは、同科部長の新井基洋氏と少数のスタッフのみ。限られたマンパワーでも効果的に指導できる秘訣は何だろうか。同院で行われているリハビリテーションの様子をのぞいてみた。

“先輩”患者の協力でモチベーションを上げるの画像

ログインして全文を読む