横浜市立みなと赤十字病院耳鼻咽喉科部長の新井基洋氏が考案した、めまいのリハビリテーションのメニューは、全21種類。各メニュー、つまり患者に行ってもらうそれぞれの動作は、「視線を変えたときにふらつく」「寝返りを打ったときにふらつく」といった、めまいが起こる状況に対応しており、大きく5つのレッスンに分類されている。

めまいのシチュエーション別に21の動作の画像

ログインして全文を読む