日常診療でよく遭遇する症状の1つである「めまい」。薬物療法は広く行われているが、治療に難渋するケースも少なくない。難治性のめまいに対し、横浜市立みなと赤十字病院の新井基洋氏はこれまで8000人の患者にリハビリテーション(平衡訓練)による治療を行っている。新井氏が指導するリハビリは良性発作性頭位めまい症(BPPV)に限らずめまい全般を対象とし、平衡訓練をさせることが特徴。新井氏が実践しているめまいのリハビリテーションについて、メカニズムや指導のコツなどを紹介する。

視線や首の運動がめまいに効く理由とは?の画像

ログインして全文を読む