慢性心不全患者は病態の急性増悪が致命的になる可能性が高いが、標準治療が奏効しない患者に対してはなかなか打つ手がない。そんな中、兵庫県立尼崎病院では、増悪前に薬剤を間欠的に外来で投与し、重症化を食い止めようという取り組みを行っている

慢性心不全患者への外来点滴療法の効果は?の画像

ログインして全文を読む