t-PAによる出血リスクは、t-PAによって血流が戻った際に発生するフリーラジカルが血管内皮細胞を破綻させることで生じる。この出血リスクを下げる効果があるとして、フリーラジカルを除去する脳保護薬エダラボンが再注目されている。

t-PAの欠点を補う脳保護薬エダラボンの画像

ログインして全文を読む