「当院は2年前に院外処方に変えたが、患者には申し訳ないことをしたと思っている。薬局に行く手間がかかるばかりか、自己負担も高くなる。医薬分業は患者のためになっていないのではないか」。長崎県諫早医師会会長の高原晶氏は、医薬分業に対して懐疑的な意見を述べる。

経済誘導ばかり先行する医薬分業の画像

ログインして全文を読む