近年、医師免許を取得後、生理学や薬理学、解剖学、病理学などの基礎研究者になる“研究医”が減り続けている。阪大医学部長の平野俊夫氏は、「これは未来の医療や医学教育を揺るがす深刻な問題だ」と危機感を募らせる。

減り続ける基礎医学の研究医の画像

ログインして全文を読む