「再指導時に『医療費動向の調査』と偽り、指導官が突然来院して患者への聞き取り調査を行った」「指導官がカルテを見るやいなや怒鳴った」─。保険医療機関の適正な運営を促すことを目的として、厚生労働省が病医院を対象に行う指導。全国保険医団体連合会(保団連)が2007年12月に公表した調査では、その威圧的な実施法に疑問を呈する声が複数の医師から寄せられた。

医療費抑制の手段と化した指導・監査の画像

ログインして全文を読む