日本医学会総会と日経メディカル オンラインのコラボレーションによるキーパーソン インタビューの最後に登場するのは、大会準備委員長である東京大学循環器内科教授の永井良三氏。永井氏は、臨床研究、チーム医療、医師不足、病院の機能分担など今日の医療をめぐる問題がすべて「つながっている」と分析。低成長時代、高齢社会の必然であり、「ドラスティックな解決策はない。医療者と国民が共通認識を持って徐々に変えていくしかない」と語る。

「医学・医療を語ることは社会全体を語ること」の画像

ログインして全文を読む