日本医学会総会の特別企画では「わが国の研究医の養成」と題したセッションが組まれている。基礎医学研究者と臨床研究医について、それぞれ養成について語られるほか、プライマリケアの現場で臨床研究を広めるための演題も用意されている。東京慈恵会医科大学総合医科学研究センター・臨床疫学研究室室長で准教授の松島雅人は、「プライマリケアの問題は、現場の臨床医が研究しなければ解決しない」と話し、研究こそがプライマリケアで働く医師を元気にすると説く。

「プライマリケアの問題は、現場の医師が研究しなければ解決しない」の画像

ログインして全文を読む