今回の日本医学会総会では医学教育をテーマとした演題も多数用意されており、特別企画では「臨床実習の現状と課題」と題したセッションが組まれている。本セッションの司会を務めるのは名古屋大学総合診療科教授の伴信太郎氏。医学教育分野でのオピニオンリーダーである伴氏は、新臨床研修制度導入後「再び臨床実習におけるクリニカルクラークシップが注目されてきた」とし、国家試験のあり方も含め、改めて、卒前、卒後の医学教育・研修システムを考えるべきとする。

「臨床実習、国試、臨床研修という流れの中で最適化を考えるべき」の画像

ログインして全文を読む