全日本病院協会会長の西澤寛俊氏は、今年の日本医学会総会・特別企画で「病院の機能分担と連携」をテーマとしたセッションで司会を務める。医師不足、医療費抑制とともに「人口構造」「医療構造」の変化が、今日の医療崩壊を招いた原因と指摘する西澤氏。当日の議論では、「医療崩壊の根底にある原因を表に出し、医療再生に向け、大学を含めた病院の機能分担と連携の方向性を見いだしたい」とする。

「疲弊している大病院の勤務医は機能分担と連携で救える」の画像

ログインして全文を読む