特別企画「医療を語る1 病院と勤務医の未来をひらく」の「チーム医療のあり方」で永井良三氏(東大循環器内科教授)と共に、司会を担当するのは日本看護協会副会長の井部俊子氏。聖路加国際病院の副院長などを歴任し、現在聖路加看護大学学長を務める井部氏は、「各専門家がどうやって協働していくかを知っている医師こそが、未来の医師の姿」と話す。

「医師はピラミッドの頂点という考えを変えたい」の画像

ログインして全文を読む