患者急増や救急医不足などにより、地域の救急医療は脆弱化する一方だ。そんな中、IT(情報技術)を使って救急現場と病院をつなぎ、医師の負担軽減や搬送時間短縮を図る病院や地域が出てきた。今後、ITが救急医療体制の不備を解消する切り札になるかもしれない。

【救急】ITで搬送を効率化の画像

ログインして全文を読む