多発性硬化症は、大脳、脊髄、視神経などの神経線維の髄鞘(ミエリン)に炎症性脱髄が起こる自己免疫疾患だ。詳しい発症原因はまだ分かっておらず、根治療法はない。

【多発性硬化症】再発予防の経口薬が米国で初承認の画像

ログインして全文を読む