認知症治療薬では欧米に大きく遅れていた日本だが、ようやく3つの抗認知症薬が2010年2月に承認申請された。アルツハイマー病に対して、ドネペジル以外の治療薬を選択できる意義は大きい。今後は根本治療薬の開発にも期待が寄せられている。

【アルツハイマー病】10年ぶりの新薬登場間近の画像

ログインして全文を読む