花粉症に対する免疫(減感作)療法は、世界で有効性が確立しているが、国内では、様々な理由から一般診療に取り入れられていない。従来の皮下投与ではなく舌下投与が実用化すれば、免疫療法は花粉症治療に広く使われそうだ。

【アレルギー疾患】舌下投与が花粉症治療を変えるの画像

ログインして全文を読む