医療現場では今、NDM-1産生腸内細菌や多剤耐性アシネトバクター、多剤耐性緑膿菌(MDRP)など、既存の抗菌薬では十分な治療効果が得られない多剤耐性菌の拡大が危惧されている。

【抗菌薬】求められる多剤耐性グラム陰性菌への新薬の画像

ログインして全文を読む